源平製薬のヒフの漢方(皮膚の漢方)はアトピーに効果がある?口コミは?

【PR】

源平製薬の「ヒフの漢方」(皮膚の漢方)は、じんましんや水虫、急性湿疹、化膿性皮膚疾患、急性皮膚疾患の初期段階に効果がある市販薬(第2類医薬品)です。
何度も繰り返して起こる場合にも効果が得られます。

ヒフの漢方(皮膚の漢方)は、漢方薬の「十味敗毒湯」に近いですが、全く同じではなく、独自の配合に仕上げています。
抗ヒスタミン剤やステロイドなど、西洋医学で使われる成分は使用しておらず、漢方薬・生薬を原料としています。

このため、ヒフの漢方(皮膚の漢方)は口コミでも評判となっています。
「アトピーに効果がある」といった口コミは見つかりませんでしたが、飲んで満足する人は増えています。

ヒフの漢方(皮膚の漢方)の特徴まとめ

ヒフの漢方 皮膚の漢方 特徴

ヒフの漢方(皮膚の漢方)の特徴をまとめました。

十味敗毒湯に似た処方

ヒフの漢方(皮膚の漢方)は、漢方薬・生薬を原料として使用しています。
抗ヒスタミン剤やステロイドなど、西洋医学で使われる成分は使用していません。

一見すると、漢方薬の「十味敗毒湯」と同じ処方のように見えますが、十味敗毒湯で使われる「レンギョウ(連翹)・ボウフウ(防風)」が、ヒフの漢方(皮膚の漢方)では配合されていません。

ヒフの漢方(皮膚の漢方)では、ボウフウの代用品として一時期使われていた「ハマボウフウ(浜防風・北沙参)」を配合し、レンギョウは不採用とする独自処方を採用しています。

日本東洋医学会では「十味敗毒湯は慢性湿疹ならびにアトピー性皮膚炎に対してフマル酸クレマスチンと同程度の有効性が認められる」というエビデンスレポートを出しています。
参考:http://www.jsom.or.jp/medical/ebm/er/pdf/940017.pdf

第2類医薬品

ヒフの漢方(皮膚の漢方)は、市販薬(第2類医薬品)として、厚労省の認可を受けています。
以下の効果効能が認められています。

水虫、じんましん、急性湿疹、化膿性皮膚疾患、急性皮膚疾患の初期

医薬品は健康食品やサプリなどとは異なり、ヒト臨床試験によって、製品そのものの効果効能だけでなく副作用の審査も厳密に行われます。

生後3ヶ月から服用可能

ヒフの漢方は、生後3ヶ月以降から服用できます。
年齢によって1回あたりの服用量は変わります。

また、販売元では、0才児は医師による診察・治療を優先するように推奨しています。

ヒフの漢方(皮膚の漢方)の口コミ・評判は良い?悪い?

口コミサイトなどでのヒフの漢方(皮膚の漢方)の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

所詮、薬なので効果はないと思います。

蕁麻疹というのは小腸の腸壁が崩壊し、未消化な食べ物が血管に混入することでアレルギーを生じ、その時の混入物質がアレルゲンとして体に登録され、再び、その物質に出会うとアレルギー反応を生じるもの。

なので、薬では治らないのです。
引用元:Yahoo!知恵袋

アトピーに効果があるという口コミは見つかりませんでした。
引用元:ネット通販・サービスはおすすめ?口コミ評判ジャーナル

良い口コミ

夜になるとじんましんの症状が出てきてツラい思いをしていました。
苦いイメージだったのですが飲みやすくて、続けやすいので重宝しています。
引用元:えっ?飲む漢方でじんましんを改善?”体の中から改善する”おすすめ漢方薬5選

20年も悩んでいた、じんましん。
漢方薬に改善する効果があるなんて・・
もっと早く「ヒフの漢方」に出会いたかった・・!
肌に自信が持てるようになると自然と笑顔が増えますね
引用元:mine.1

漢方薬としてはかなりの最安値ですね!
引用元:お買い得商品情報調査隊

ヒフの漢方(皮膚の漢方)の原材料・成分を解析

ヒフの漢方(皮膚の漢方)で使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

有効成分

サイコ末:0.48g
オウヒ末:0.48g
キキョウ末:0.48g
センキュウ末:0.48g
ブクリョウ末:0.64g
ドクカツ末:0.48g
ハマボウフウ末:0.48g
カンゾウ末:0.16g
カンキョウ末:0.16g
ケイガイ末:0.16g

添加物

なし

まとめ

ヒフの漢方(皮膚の漢方)は、漢方薬・生薬のみを独自の処方で配合しています。
アトピーに対する効果効能は不明ですが、繰り返すじんましんや水虫、急性湿疹、化膿性皮膚疾患、急性皮膚疾患などに効果があります。

ヒフの漢方(皮膚の漢方)は、口コミでも満足する人が増えています。

>>ヒフの漢方(皮膚の漢方)の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました