ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液は口コミでも評判?

ジュリーク UVディフェンスローションは「SPF50/PA++++」の性能を持つ日焼け止め乳液です。
オイルフリーで伸びもよく、スキンケアの最後に使うことで素早く馴染みます。

ジュリーク UVディフェンスローションはオーガニック由来の植物エキスなどの美容成分・保湿成分を配合しています。
乳液・日焼け止めとしてだけでなく、化粧下地の機能もあるため、ベースメイクをする際もスムーズです。

このため、ジュリーク UVディフェンスローションは口コミでも評判です。
購入者の感想などをまとめました。



ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液の口コミ・評判は良い?悪い?

口コミサイトなどでのジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

製品名のとおり乳液状になっているのですが、今の高温多湿な時期に肌につけると、とにかくベタつきます。
塗った後もテカテカでみっともないので、パウダーが必須です。
おそらく虫が顔に飛んできたら、ハエ取り紙状態になるのではないかと・・・。
引用元:amazon

想定以上の撥水性の低さであり、擁護の余地のない低評価です。
これだけ撥水性が低いと、水辺で使用する際は塗り直しをするのが必須。
塗り直しを手間だと感じるなら、別の日焼け止めクリームを使用するのをおすすめします。
引用元:mybest

良い口コミ

クリームでしっとりさせながらUVケアもできる商品ってなかなかない。
香りも本当に好き。
下地もかねて冬はいつもこれです。
引用元:ベルコスメ

夏の愛用品
爽やかな香りのする日焼け止め乳液です。

お化粧の下地にも使えるのですが、夏はそれだけではやはり足りないのでしっかり下地を使ってます。
冬はこちらとパウダーだけで済みます。

とっても滑らかなクリームで伸びが良く肌をこすらずにすみます。
オイルフリーということなので、日焼け止め独特のべた付きもなく、石鹸で洗い流せます。
お子さんが小さいママさんなど、使い勝手が良いと思いはず。
引用元:LIPS

顔にも濡れるのが良くて購入。
本当にいい香り、変な香りが一切なく、テクスチャーも塗り安いので顔、首、腕になりやすあです。
ハンドクリーム系の柔らかさ。
程良い香りでお化粧タイムの気分が上がります!
引用元:COSME DE NET

ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液の評価は?

口コミサイトなどでのジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液の評価をまとめました。

ベルコスメ 評価
COSME DE NET 評価

多くの人がジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液を高く評価していることがわかります。



ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液の特徴まとめ

ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液 特徴

ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液の特徴をまとめました。

日焼け機能を持つ乳液

ジュリーク UVディフェンスローションは、日焼け止め機能を持つ乳液です。
「SPF50/PA++++」と日本国内で最高性能を持つ日焼け止めです。

なお、ジュリーク UVディフェンスローションは、紫外線散乱剤を使用せず、以下の紫外線吸収剤を配合しています。

  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • オクトクリレン
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  • ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

紫外線吸収剤は肌への負担が大きいため、敏感肌の人を中心に肌トラブルが起こる可能性がある点には注意が必要です。

オーガニック植物成分でスキンケア

ジュリーク UVディフェンスローションは、植物由来の美容成分・保湿成分を厳選して配合しています。
主なものを一覧にまとめました。

  • ミチヤナギエキス
  • チコリ(キクニガナ根エキス)
  • カレンドラ(トウキンセンカ花エキス)
  • カモマイル(カミツレ花エキス)
  • エキナセア(ムラサキバレンギクエキス)
  • スピランティス(オランダセンニチ花エキス)
  • マシュマロー(アルテア根エキス)

ジュリークのオーガニック認証自社農園で栽培された植物から抽出した成分も使用しています。

白浮きしない使い心地

ジュリーク UVディフェンスローションは伸びがよく、白浮きすることなく肌にスムーズに馴染みます。
軽くしっとりとしたつけ心地であり、乳液だけでなく化粧下地としても使えます。

なお、肌質によってはベタつきが見られたり、摩擦や水分で落ちやすいといった不満も見られました。
マスクをしていると常時摩擦があったり、湿気がこもるため、メイク落ちが起こる場合があります。

フォレストシトラスの香り

ジュリーク UVディフェンスローションは、天然精油によるフォレストシトラスの香りに仕上げています。

あたかも木漏れ日にいるような感覚を味わえます。

ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液の原材料・成分を解析

ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液で使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

原材料

水、グリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、オクトクリレン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、変性アルコール、ベヘニルアルコール、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、ステアリン酸ソルビタン、オレイン酸ポリグリセリル-10、ベヘン酸、ステアリン酸、パルミチン酸、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、香料、カルナウバロウ、トコフェロール、キサンタンガム、ミチヤナギエキス、キクニガナ根エキス、トウキンセンカ花エキス、ムラサキバレンギクエキス、カミツレ花エキス、オランダセンニチ花エキス、アルテア根エキス、セイヨウウツボグサエキス、ラウリン酸スクロース、水酸化K、ソルビン酸K、フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン

ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液の販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液 販売店 価格 最安値

ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液は、どこで買えるのでしょうか?
販売価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

ジュリーク UVディフェンスローションは、デパートやコスメショップ、バラエティショップなど、全国の取扱店・直営店で購入できます。

販売価格や在庫状況は各店舗で確認してください。

通信販売で最も安く買えるのは?

ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液は販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップで販売されていることが確認できました。

各店舗での販売価格は在庫状況や競合店舗との価格競争で変わることがあるため、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、1本5,390円(税込、送料別)で販売しています。

>>ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液を公式サイトから購入する

まとめ

ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液は、乳液・日焼け止めだけでなく、化粧下地としても使えます。

口コミでは個人差が見られましたが、使って満足している人が多いです。

>>ジュリーク UVディフェンスローション 日焼け止め乳液の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました