マウスピース矯正ローコストで歯列矯正が安くできる!症例は増加中!

マウスピース矯正ローコストは、専用のマウスピースをはめるだけの歯列矯正です。
軽度から中度の部分的な歯列矯正を、抜歯がほとんどなく、短期間・低価格で行うことができます。

東京田町・渋谷のピュアリオ歯科では重度の歯列矯正に対応した「マウスピース矯正ローコストプレミアム」も行えます。

マウスピース矯正ローコストは、全国250箇所以上の歯科医院で行えます。
マウスピースの装着後は2ヶ月に1回程度の通院で良く、3ヶ月から8ヶ月程度で完了することが多いです。

このため、マウスピース矯正ローコストで治療を受ける人が増えており、症例も増加しています。
口コミや評判などをまとめました。

マウスピース矯正ローコストの口コミや評判は?

マウスピース矯正ローコストの口コミや評判をまとめました。
名称変更前の「ビオレッタ矯正」の口コミも含まれます。

質問
「キレイライン矯正」と「マウスピース矯正ローコスト」
どちらにお願いした方が良いのでしょうか。

学生のため費用はあまりかからずなるべく早くマウスピースを卒業したいです。
わたしの歯は軽めの八重歯があり他はあまりガタガタしていません。

回答
どちらもお薦め出来ません。
お近くの矯正歯科専門医にご相談下さい。
引用元:Yahoo!知恵袋

マウスピース矯正ローコストの特徴まとめ

マウスピース矯正ローコスト 特徴

マウスピース矯正ローコストの特徴をまとめました。

自由診療(自費診療)

マウスピース矯正ローコストによる歯列矯正は自由診療(自費診療)となります。
各種健康保険を使うことはできず、医療費は全額自己負担となります。

なお、確定申告時の医療費控除の対象となることが多いですが、税務署の担当者が美容目的だとして否認する場合があります。
税務署から指摘されたら、医師の診断書を提出すると治療目的として認められる事が多いです。

マウスピース矯正ローコストは11万円~33万円(税込)程度と、歯列矯正の中では安いです。

マウスピース矯正ローコストは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置です。
また、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

全国250以上の提携歯科医院で対応

マウスピース矯正ローコストは、2021年11月時点で全国250箇所を超える歯科医院で受けられます。

3大都市圏を中心に、東北から九州まで、提携歯科医院は増えています。

前歯の部分矯正が可能

歯並び 部分矯正

マウスピース矯正ローコストは、上下各6本~10本の前歯矯正に対応しています。
軽度から中度の歯並びの悪さを矯正できます。

治療期間も3ヶ月から8ヶ月程度と短期間で終えられます。

専用のマウスピースを装着するだけ

マウスピース

マウスピース矯正ローコストは、あなたの口に合わせたオリジナルのマウスピースを作成します。
国内工場で歯科技工士が1点ずつ丁寧に製造しており、フィット感も悪くありません。

マウスピース矯正ローコストは、1日20時間以上、マウスピースを装着するだけです。

マウスピースは薄くて透明なため、着用しても目立ちません。
着用中の歯の移動量を少なめにすることで、マウスピース着用中の痛みも少ないです。

マウスピース矯正ローコストでは、マウスピース装着前に、拡大床の装着や極端なディスキング(歯を削る)は行いません。

3D動画シミュレーションで歯の動きがわかる

マウスピース矯正ローコストでは、歯科医院にて検診・歯型採取を行った人を対象に、3D動画シミュレーションを行います。

マウスピースを着用した後の歯の動きがわかるため、安心して歯列矯正が行えます。

ホームホワイトニングも可能

マウスピースにホワイトニング剤をつけることで、歯列矯正とホワイトニングを同時に行えます。

マウスピース矯正ローコストは、長時間にわたってマウスピースを装着し続けるため、気軽にホームホワイトニングが行えます。

少ない通院回数

マウスピース矯正ローコストでは、マウスピース着用後は経過観察や新たなマウスピースの提供のため、2ヶ月に1回程度の通院で構いません。

頻繁に歯科医院に通う必要はないため、手軽に利用できます。

マウスピース矯正ローコストをオトクに試せる

マウスピース矯正ローコストの提携医療機関では、1回分を22,000円(税込)で試すことができます。

なお、歯並びの状況によってはマウスピース矯正ローコストが使えない場合があります。
このため、事前カウンセリングを行っています。

マウスピース矯正ローコストの事前カウンセリングは予約が必要です。
専用のフォームで24時間受け付けています。

>>マウスピース矯正ローコストの詳細/カウンセリング申込はこちら

タイトルとURLをコピーしました