リボネル(Re:Bonel)ネイルケアジェルの口コミや評価は?

リボネル(Re:Bonel)は、手足の爪に使えるネイルケアジェルです。
にごり爪やくずれ爪、かさつき爪や変色爪など、さまざまな爪の悩みに対応できます。

リボネル(Re:Bonel)は、独自の高浸透設計で爪の裏まで成分が浸透します。
爪床の角質層まで成分が浸透し、健康的な爪へと導いていきます。

このため、リボネル(Re:Bonel)は口コミでも評判となっています。
アンケート調査などでの評価も高く、Re:Bonel(リボネル)を使って満足する人が増えています。

リボネル(Re:Bonel)の口コミ・評判は良い?悪い?

口コミサイトなどでのリボネル(Re:Bonel)の口コミを集めました。

なお、これらの口コミは個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

悪い口コミ

効果が出るかどうか分からないものを長期間使い続けるのは難しそう。
引用元:ビューティーヘルスダイエットジャーナル

臭いがきつい。
まだなんとも言えません。
引用元:楽天市場

良い口コミ

実際に使用してみて3ヶ月程度が経過しています。
爪は1ヶ月で約1.5mm程度しか伸びないので、完璧に悩みが改善した訳ではありません。

ですが、爪の凹凸は、新しい爪が生えてきた下の方は凹凸がなくなってきたんです!!
上の方はまだ凹凸がありますが。

爪周りのささくれに対しては割とすぐに効果が出てきて、あんなに気になったささくれが出来なくなりました。
しっかり保湿されているからですかね?
ささくれの地味な痛みともお別れすることが出来ました。

爪がボロボロで、汚く見える悩みについても、使い始めた頃と比較してみると、爪が丈夫になったように感じていて、特に下の方の爪に関しては、しっかりと強い爪が生えてきた!という印象です。
まだまだ生え変わっていないので、とても綺麗に見えるのかと言われたらもう少し時間がかかりそうですが、私の場合しっかりと効果を感じることができ、ケアを始めてから爪が伸びる事にこんなに変わっちゃうの?と思うぐらい立派になりました。
引用元:リボネルの口コミ!効果なしか使ってみた

爪周りのささくれや2枚爪が繰り返しおきてしまいハンドクリームでは改善されなかったので勧められて購入しました。
日中に使ってもすぐにサラサラになるので会社のパソコンも気にせず使用できます。
ささくれができにくくなって、爪も元気になってきたのでネイルを楽しめそうです。
引用元:解約退会くん

リボネルはネイルケアジェルなので、オイルの様にテカテカな油の感じが残らずサラッとしているのが凄く良い。
私は平日はジェルネイルをしていることが多いのですが、ジェルを頻繁にすると、爪がかさついたり少し変色したりと爪の健康状態が悪化します。
リボネルでだいぶ良くなりましたが、これからもサボらず塗り続けて健康爪を目指します。
引用元:リボネルの口コミと本音レビュー 効果なしか使ってみた

口コミ評判まとめ

リボネル(Re:Bonel)を使っても変化なし、効果なしといった口コミがチラホラと見られました。
すべての爪が生まれ変わるには、手でも3,4ヶ月、足だと半年前後かかるため、使用期間が短い人からの不満が目立ちました。

また、値段が高いために、短期間で効果が得られないと続けにくいといった批判もあります。

その一方で、リボネル(Re:Bonel)を使い続けることで徐々に効果を実感する人も数多くいました。

リボネル(Re:Bonel)の評価は?

口コミサイトなどでのリボネル(Re:Bonel)の評価は少ないです。
評価が偏っている恐れがあるために掲載していませんが、リボネル(Re:Bonel)は高く評価されていました。

ちなみに、販売元が公開しているデータによると、ISSIN Reserch調査で、以下の10項目について1位を獲得しました。

  • ネイルケアに最適なネイルケアグッズ1位
  • コスパがいいと思うネイルケアグッズ1位
  • 実感を期待できそうなネイルケアグッズ1位
  • 安全性が高いと思うネイルケアグッズ1位
  • 注目度の高いネイルケアグッズ1位
  • 信頼度が高いネイルケアグッズ1位
  • オススメしたいネイルケアグッズ1位
  • リーズナブルだと思うネイルケアグッズ1位
  • 人気度の高いネイルケアグッズ1位
  • 試してみたいネイルケアグッズ1位

リボネル(Re:Bonel)の特徴まとめ

リボネル Re:Bonel 特徴

リボネル(Re:Bonel)の特徴をまとめました。

爪床まで届く高浸透設計

爪床

爪は固いタンパク質でできています。

このため、ジェルやクリームなどを爪の表面に塗っても、爪の裏・奥まで成分が浸透しづらいです。

高浸透

リボネル(Re:Bonel)は、爪の表面の膜が油に馴染みやすい「親油性」という特性を活用し、独自処方を採用しました。

リボネル(Re:Bonel)に含まれる美容成分・保湿成分を油分で包むことで、爪の裏・奥にある爪床に届きます。(角質層まで)

美容成分・保湿成分

リボネル(Re:Bonel)では、爪のさまざまな悩みにアプローチする美容成分・保湿成分を厳選して配合しています。
主なものを一覧にまとめました。

  • 竹酢液(殺菌、抗菌)
  • O-シメン-5-オール(殺菌、抗菌)
  • グリチルリチン酸2K(抗炎症)
  • 加水分解ケラチン(保湿)
  • パンテノール(水溶性ビタミン:保湿、抗炎症)
  • 加水分解酵母(保湿、整肌)
  • スクワラン(保湿、エモリエント)
  • アサイヤシ果実油(抗酸化)
  • マンゴー種子油(エモリエント)
  • アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油:抗酸化、保湿、整肌)

これらの成分が爪の中・爪床に浸透し、爪の悩みにアプローチします。

無添加/低刺激

リボネル(Re:Bonel)は、以下の成分を使用していません。

  • 合成着色料
  • パラベン
  • 安息香酸
  • シリコン
  • 鉱物油(ミネラルオイル)
  • アルコール(エタノール)
  • 石油系界面活性剤
  • サルフェート
  • 合成キレート剤
  • 紫外線吸収剤

シトラスハーブの香り

シトラスハーブ

リボネル(Re:Bonel)は、配合成分特有の匂いなどが気にならないように、シトラスハーブの香りに仕上げています。

トップノードから徐々に変化していく香りを楽しめます。

GMP認定工場にて製造

リボネル(Re:Bonel)を安心して使用できるように、日本国内のGMP認定工場で製造されています。

GMP認定工場では、一定レベルの品質基準を満たすための仕組み作りがされています。

リボネル(Re:Bonel)の原材料・成分を解析

リボネル(Re:Bonel)で使われている全ての原材料を一覧にまとめました。

原材料

水、グリセリン、PG、BG、スクワラン、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、ポリソルベート60、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、グリチルリチン酸2K、香料、o-シメン-5-オール、アサイヤシ果実油、アルガニアスピノサ核油、パンテノール、ビルベリー種子油、マンゴー種子油、加水分解ケラチン、竹酢液、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、1,2-ヘキサンジオール、ステアリン酸グリセリル、セイヨウハッカ油、セージ油、ティーツリー葉油、加水分解酵母、ポリソルベート20

リボネル(Re:Bonel)の問題点は?

「リボネル(Re:Bonel)は医薬品ではないので副作用は存在しない」と断言している人もいますが、詳しく調べたところ、問題点が見つかりました。

リボネル(Re:Bonel)に含まれるフェノキシエタノールは、ごくまれに皮膚炎などのアレルギー症状が起こる可能性があることが判明しています。
この症状はアトピーや食物アレルギーなどの有無とは関係なく起こります。

植物成分などに対するアレルギーが有ると、同様に肌トラブルが起こる可能性があります。

また、リボネル(Re:Bonel)にはグリセリンが配合されています。
ニキビがあるとアクネ菌が増殖しやすくなり、症状が悪化するおそれがあるという論文が発表されています。

なんらかの問題が出た場合には、使用を中止して体調の回復を優先させましょう。
具合が悪い状態が続く場合、急激に体調が悪化した場合には、医師の診察を受けたほうが良いです。

リボネル(Re:Bonel)の効果的な使い方は?

リボネル Re:Bonel 使い方 効果

リボネル(Re:Bonel)は、1日1回~3回のペースで、足や手の気になる爪に塗っていきます。

リボネル(Re:Bonel)を適量(直径3mm~5mm程度が目安)を取り出します。
爪が清潔な状態で、水分などがないことを確認した後、1本ずつ、爪全体に丁寧に塗っていきます。

リボネル(Re:Bonel)が爪に浸透して乾いたら、靴下やパンスト、タイツなどを履いても構いません。

なお、リボネル(Re:Bonel)の効果には個人差が見られます。

爪が伸びるスピードは遅いため、効果を実感するまでに1年以上かかる場合もあります。
しばらく使い続けて様子を見るといいでしょう。

リボネル(Re:Bonel)の販売店や価格は?最安値はamazon?楽天?

リボネル Re:Bonel 販売店 価格 最安値

リボネル(Re:Bonel)は、どこで買えるのでしょうか?
販売価格なども含めて詳しく調べました。

店頭販売はしているのか?

販売元に確認したところ、通販限定商品とのことでした。

リボネル(Re:Bonel)は、ドラッグストアや薬局、コンビニやスーパー、バラエティストアなどの店頭では購入できません。

通信販売で最も安く買えるのは?

リボネル(Re:Bonel)は販売元直営の通販サイトで販売していますが、それ以外にも、

  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのネットショップで販売されていることが確認できました。

調査した時点では、amazonで購入できませんでした。

各店舗での販売価格は在庫状況や競合店舗との価格競争で変わることがあるため、安く買えたらラッキーですね。

販売元直営の公式通販サイトでは、1本6,578円(税込、送料別)で販売しています。

>>リボネル(Re:Bonel)を公式サイトから購入する

定期購入はあるのか?

リボネル(Re:Bonel)は、販売元直営の公式通販サイトで定期購入を扱っています。

スペシャルコースでは、初回は1本550円、2回目以降は2本8,756円(1本あたり4,378円)(いずれも税込、送料込)とオトクに続けられます。
2回目は初回の30日後、3回目以降は60日毎の配送です。

なお、Re:Bonel(リボネル)のスペシャルコースには、最低購入回数5回のシバリがあります。
5回目を受け取った後であれば、いつでも自由に定期購入を解約できます。

>>リボネル(Re:Bonel)を定期購入する

定期購入の解約方法は?

リボネル(Re:Bonel)の定期購入を解約する場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。

現在は、電話で解約を受け付けています。
その場で解約手続きは完了します。

解約手続き申し込み締切日は、次回配送予定日の10日前です。
締切日をすぎると次回分を受け取ってからの解約になります。

まとめ

リボネル(Re:Bonel)は、爪に浸透し、爪床まで成分が届くネイルケアジェルです。
使い続けるほどに効果を実感する人が増えています。

さまざまな爪の悩みのある人から、口コミでも評価されています。

>>リボネル(Re:Bonel)の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました